Q&A

質問内容

Internet Explorer(IE)のサポートが終了するそうですが、SWANStorに影響ありますか?

FAQ ID:106173 最終更新日: 2021年09月22日
回答内容

MicrosoftからInternet Explorer サポート終了が2022/06/15と発表されました。


SWANStorではトネリング機能をお使いの場合に必要なSWANBrowserが内部でIEを使用しており、また、オプションのPassportBIZはIEでしか動作しないActiveXの技術を使用していますので、IE終了に伴う対応を進めております。



まずSWANBrowserについてですが、元々「IEコンポーネントを使用しない」設定がありまして、これを使用することでIEがインストールされていない環境に対応可能です。


このため、「IEコンポーネントを使用しない」設定をデフォルトとし、Windowsに「既定のアプリ」として設定されたブラウザを使用する改修を行いました。

このリンク からダウンロード、インストールしてお使いください。(64bit Windows用です、32bit Windows用が必要な場合はお問い合わせください)



PassportBIZにつきましては、更新版としてActiveXの代わりにアプリケーションをインストールして使用するものを開発し、新バージョンとしてご提供します。こちらにつきましてはお問い合わせください。


また、どうしてもアップデートが困難という場合、EdgeのIEモードやGoogle ChromeのIE tabでActiveXを使い続けるという方法もありますが、ActiveXを使用するページをIEモード / IE tabで開くように設定するか、毎回IEモードで開き直すといった操作を行う必要があります。


※SWANBrowserのご利用には SWANStor Server EX PRO 2.1J が必要です、2.0J 以前のバージョンをご利用の場合はバージョンアップが必要になりますのでお問い合わせください。



※SWANStor Serverのバージョンにより、Java Applet の画面になってしまう場合があります。この場合は以下の手順でSWANStorサーバのファイルを差し替えてください。

1. webブラウザで https://ex.swanstor.com/download/html_update.zip をダウンロードします

2. ダウンロードしたファイルを展開し、ea-exclient.html, ea-checkbrowser.html を取り出します

3. 取り出したファイルをSWANStor サーバ機にコピーします

4. SWANStorサーバ機で、<SWANStorインストールフォルダ>\userinfo\ea-exclient.html と <SWANStorインストールフォルダ>\userinfo\htdocs\ea-checkbrowser.html を別のフォルダにコピーする、名前を変えるなどして保存します

<SWANStorインストールフォルダ>は、Windows Serverの場合 C:\Program Files (x86)\AreaBe\SWANStorEX、Linuxの場合 /usr/local/swanstor となります

5. 2 で取り出したファイルをそれぞれ、<SWANStorインストールフォルダ>\userinfo と <SWANStorインストールフォルダ>\userinfo\htdocs にコピーします(元々存在するファイルを上書きすることになります)

6. SWANStor Serverサービスを再起動します

Windows Serverの場合は、「管理ツール」→「サービス」から SWANStor Serverを再起動、Linuxの場合は systemctl restart swanstor で再起動します

7. クライアントPCで、既定のブラウザに設定されているWebブラウザを起動し、キャッシュをクリアします

8. SWANBrowser(上のリンクからダウンロードしたもの)を起動してSWANStorにログインします


以上で完了です。

ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

件名、コメントをご入力いただき、『送信』ボタンをクリックしてください。

ご質問などは「お問い合わせ」でお願いします。

ご意見を送られない場合は、『閉じる』ボタンをクリックしてください。

件名:

お問い合わせ内容:

添付ファイル:
※最大サイズ10MB

閉じる

お問い合わせ

お気軽にお問合せください