Q&A

質問内容

EXトネリングのJavaプログラムがブロックされてしまいます

FAQ ID:807140 最終更新日: 2018年10月05日
回答内容

EXトネリングをご利用の際に、2018年7月16日まで問題なく利用できていたのに、7月17日以降、「Javaセキュリティによってブロックされたアプリケーション」などが表示され、Javaプログラムが正常に起動しないことがあります。


これはご利用のPCが、EXトネリングで使用しているJavaアプレットに施されたコード署名の有効期限が期限切れになったと判断したためです。

EXトネリングのJavaアプレットには、これが正しく弊社からご提供したものであることを保証するためにCoMoDo社のコード署名を施しています。コード署名を付ける際にはタイムスタンプも打っていて、本来タイムスタンプが打たれた日時に署名が有効であれば、コード署名は有効であると判断されるはずなのですが、なんらかの理由でコード署名自身の有効性をCoMoDo社に確認し、旧版の署名を無効と判断する場合があるようです。

お手数ですが、こちらから新しい署名をつけたJavaプログラムをダウンロードし、

Windowsの場合:
C:\Program Files(x86)\AreaBe\SWANStorEX
Linuxの場合:
/usr/local/swanstor/

の下のuserinfo/htdocsにある

easyaccess.jar

easyaccess-linux.jar

loader.jar

の3つのファイルを差し替えてください。


この更新作業でSWANStorサーバの再起動などは必要ありません。

追記:Javaプログラムの更新には、キャッシュが影響する場合があります。こちらの記事をご参考にJavaのキャッシュをクリアしてください。
https://faq.areabe.com/faq/detail?site=0G430YXS&id=603049




ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

件名、コメントをご入力いただき、『送信』ボタンをクリックしてください。

ご質問などは「お問い合わせ」でお願いします。

ご意見を送られない場合は、『閉じる』ボタンをクリックしてください。

件名:

お問い合わせ内容:

添付ファイル:
※最大サイズ10MB

閉じる

お問い合わせ

お気軽にお問合せください